ダーククレンズの特徴は?なぜこんなに痩せると注目されてるの?

ダーククレンズとは、最近話題になっている体内の毒素や塩分、糖質など ダイエットや健康にとって邪魔なものありとあらゆるものを 吸着して排出してくれる働きがある活性炭(チャコール)が主成分のデトックスダイエットドリンクです。

妊娠中のプレママにおすすめできる理由としては、 オーガニックな植物由来の甘味料で抑えの効いた甘みがあって 妊婦が悩まされやすい便秘の改善にも効果が期待できる 乳酸菌や腸内細菌のエサになってくれるオリゴ糖やダイエットに 有効な植物由来の低カロリーなアミノ酸が配合されています。 また、妊娠中のプレママにとって一番気になる合成添加物は一切使われていません! 妊婦さんとしては安全性をしっかりと考えられていて、ダイエット効果があるものを選んでいきたいですもんね!

ダーククレンズの特徴から妊婦さんのダイエットにも最適?

  • 合成甘味料フリー
  • 合成着色料フリー
  • 合成アミノ酸フリー
  • グルテンフリー
このように合成添加物を一切使っていないためお腹の赤ちゃんにも安全で安心できる妊娠中の体重管理ダイエットに強い味方になってくれるチャコールデトックスダイエットドリンクが『ダーククレンズ』なんです。 今回は、このダーククレンズが妊娠中にどんな風に体重管理ダイエットに役立ってくれるのか、効果をあげる飲み方やデトックスダイエットのやり方、妊婦健診で産婦人科の先生や助産師さんに文句やお説教をもらわないための直前ダイエットにはどうなの?そんな事は可能なの?お腹の赤ちゃんに影響は?など妊婦さんにとって知りたいダーククレンズの疑問をひとつずつ丁寧のご紹介しながら一緒に見て行きたいと思います♪

ダーククレンズの成分は?妊婦や胎児への安全性は?

セレブやモデルさんもチャコールドリンクを飲んでいる

ダーククレンズの成分は、まず一番初めに4種類の活性炭(チャコール)が主原料です。 備長炭(びんちょうたん)赤松炭(あかまつたん)竹炭(ちくたん)ヤシ殻活性炭という4種類の活性炭が主原料になっています。 どの活性炭も有機物や合成物、臭いやその原因となる毒素、着色料、油分などダイエットだけではなく健康被害の原因物質をことごとく吸着する特徴を持った最高級品を選んで成分配合しています。 また、妊娠中に悩まされやすい便秘の改善に効果が期待できると言われている乳酸菌(なんと2兆個!?)オリゴ糖などの腸内活性成分も配合されています。 そして、近年のスーパーフードブームでブドウ糖(フルクトース)などの腸管から吸収される糖質を抑える働きがあると言われているガルシニアカンボジア、タンポポ、ユーカグランジン(ユーカリ葉ポリフェノール)と言ったダイエット成分も配合されています。 さらに詳しいところはダーククレンズの公式サイトでご覧いただくのが一番分かりやすいのですが、こういった妊娠中の体重管理ダイエットを助けてくれる働きも期待でき、古くからダイエットやデトックスに東南アジアや世界中で愛用されてきた成分が配合されているのがダーククレンズなんですね。 もちろんこれらの成分は妊娠中の身体や胎児への安全性も問題ないものを選りすぐったものとなっています。

ダーククレンズの効果は?

ダーククレンズの特徴から妊婦さんのダイエットにも最適?

ダーククレンズの効果は、主に体内の『毒出しデトックス』が期待できると言えます。 活性炭が持つ糖質、塩分など妊娠中に赤ちゃんだけでなく母胎の健康被害に直結する物質を吸着除去する働きがあると言われていて、実際に医療の現場でも『消化管除染』という誤って中毒を起こす物質を口にしてしまった場合の治療過程にも用いられています。 以上のことから体内に不必要なものを吸い取って便と一緒に排出してくれる(助けてくれる)デトックス効果が期待できると考えられます。 また、先ほども触れた通り赤ちゃんのために必要な栄養を摂ろうとすると毎日の食生活が大切ですが、それだけではどうしても体内に入り込んできてしまう着色料や人工甘味料、防腐剤(体内の酵素バランスを乱すことが分かっています)などの合成添加物も吸着する働きがあり、さらにガルシニアやタンポポ、ユーカグランジンなどのスーパーフードの栄養素で余計な老廃物や糖質、塩分などの吸収も抑えてくれるのがダーククレンズの効果と言えます。

ダーククレンズは妊娠初期から始めても良いの?

ダーククレンズはもちろん妊娠初期からも安心して飲めます。 特に妊娠初期は『つわりで吐き気が酷くて何も食べれない・・こんなんでお腹の赤ちゃんは本当に大丈夫なの?』という方に栄養補給としてもおすすめなんです。 その理由は、ダーククレンズが活性炭以外にもスピルリナや南米原産のマカ、 ザクロなどのオーガニック素材が使われていて葉酸や ビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6など豊富に含まれる)がしっかりと摂れるからです。 特に妊娠初期はお腹の赤ちゃんにとって脊椎の神経管など 身体の根本的な中心部が作られる時期にあたるので、 この時期には葉酸を始めとしてビタミンB群の摂取が必要不可欠です。 こういったことは産婦人科で先生から説明を受けたり母子手帳にも説明が載っていたりするのでご存じの方も多いと思いますが、それだけに『妊娠初期のつわりは不安でストレスの原因』にもなります。 また、わたしがちょっとした匂いにも敏感で吐き気で具合が悪くなる状態なのに、そんなの知らんぷりでわたしが吐き気と闘いながら用意したご飯を美味しそうにバクバク食べる無神経な旦那に腹が立って腹が立って・・という経験をされる方も多いと思います。 ダーククレンズはそういった悩みを持っている妊婦さんだからこそ飲んで欲しいんです。 逆にそこまでつわりはひどくないという方の場合は栄養補給の心配も少ないと思いますので、安定期になってから試してみるというのでも良いでしょう。

ダークレンズの飲み方は?飲む量やタイミング、注意点は?

ダーククレンズでダイエット効果を実感するための飲み方としては、毎日の『置き換え』がメインになります。 例えば、平均的な体重50kg前後の成人女性が一日に消費するカロリーは個人差はありますが1,900~2,000kcalとされていますが、普通に朝からトースト(8枚切りを1枚)やお砂糖とミルク入りの紅茶やコーヒー(妊娠中のカフェイン摂取はNGですが)とヨーグルト100g、お昼はオムライスやドリアなど炭水化物の入った重めのメニューにスープとサラダ、夕食は低カロリーを意識した和定食に抑えてもこれだけで2,000kcalは簡単に超えてしまうことになります。 それが、毎日の朝食と夕食をダーククレンズに置き換えることで簡単に900~1,000kcalは摂取カロリーをカットできるんです。 その上にダーククレンズの効果のところでもご紹介した『毒出しデトックス効果』と『脂肪や糖質の吸収を抑える成分の働き』でお腹の赤ちゃんのためにきれいに保ちたい血液をさらさらに保ちつつ体重管理ダイエットが無理なくできるんです。 もちろん、体重の増え方はお腹の赤ちゃんの成長に合わせて月齢によって変わっていくものなので産婦人科の先生や助産師さんなどの適切なアドバイスに従って無理なくできるようにしましょう。 もちろん、妊娠前からもともと肥満気味だったり、逆に痩せすぎていたりと体格にも妊娠中に増えても良い体重には個人差がありますが、その加減に合わせて置き換えを行うことで妊婦検診も怖くなくなって『元気な赤ちゃんに会うのが楽しみ♪』という感じでハッピーな妊娠生活を送れるかも知れませんよ♪ また、ひとつだけ注意点があります。 それは『妊婦検診直前にファスティング(断食)』をするなどの急激な体重変化や摂取する栄養のバランスが崩れるようなやり方は良くないという点です。妊娠中期の方で妊婦検診のたびに前日の食事抜きとか急激な食事制限で『体重管理のつじつま合わせ』をしようとする方もいますが、それはあくまでもどうしようもない時の最終手段として自己責任で行うということになってしまいます。 もちろん、ダーククレンズはマキベリーやアサイー、ザクロなどでビタミンCやビタミンB2、食物繊維やアントシアニンなどのポリフェノール、アミノ酸も摂取できる成分配合になっていますが、だからと言って普段から毎回の妊婦検診前日にいきなり食事抜きを敢行するというのはおすすめ出来ません。 どうしても必要と判断した場合は自己責任で・・ということになってしまいますのでご注意くださいね。

ダーククレンズの味は?アレンジもできるの?

先ほどの注意点でも突然のファスティングなどの急激な体重変化につながる『つじつま合わせダイエットは基本NG』と言いましたが、毎日続けられる『美味しい味かどうか、アレンジで飽きないように続けられるか』と言った部分がカギになるかと思います。 いくら体重管理に便利とはいっても『マズイ!なにこれ!?』なんていう味ではとても続けられるものではありませんからね。 その点についてはなかなか文章で説明するのは難しい(わたしのボキャブラリーの少なさが災いしてる感は否めませんが・・<(_ _)>)のですが、酸味と甘みが特徴的な『ベリー系のテイスト』という感じです。 原液を飲んだわたしの感じた感覚でいうと『ウェルチのブドウ味の酸味を少し抑えて抑え気味の甘みがプラスされた感じ』と言ったら分かりやすいかな・・と思います。 公式サイトでも無糖炭酸水で割って飲むのをベースとして、ミネラルウォーターで割ってさらっとした飲み心地にするアレンジや無糖ヨーグルトにベリー系のシロップとしてかけて食べるというアレンジも紹介されています。 お腹のために良いから続けたいと思ってるけどフルーツヨーグルトや甘いヨーグルトじゃカロリーが・・という方でもブルガリアヨーグルトやビヒダスなどの無糖(プレーン)ヨーグルトにダーククレンズをシロップとして使って食べれば摂取カロリーはグッと抑える事が出来て、しかも美味しいから毎日の朝食で続けられる♪という感じになると思いますよ。 もちろん味の感じ方には個人差があるのでダーククレンズの味が苦手とか美味しくないと感じる方もいらっしゃるかも知れませんが、その点については実際にご自身で試して頂くしかないのでまずは一本お試しで購入していろいろなアレンジを考えつく限り試してみてはいかがでしょうか。 ちなみに大手メーカーの明治のブルガリアヨーグルトの場合、プレーンなら62kcalのところをストロベリー果肉入りヨーグルトで118kcal(ともに100gあたり)とヨーグルトの味変をしようとするだけでカロリーが倍近くになってしまいます。 ところがプレーンヨーグルトにダーククレンズ(原液30ml)をシロップとしてかけるだけなら総カロリーで77kcalに抑える事ができます。

ダーククレンズで痩せない人もいる?

ダーククレンズを置き換えで飲み始めても全然痩せないんだけど・・という方もいらっしゃると思います。 この辺りも効果の現れ方には個人差が出てくる部分なのですが『ダイエットを始めた最初は痩せても少しすると停滞期がやってくる』という部分や乳酸菌やオリゴ糖が腸内環境を痩せやすい体質に変えてくれるまでに多少の時間差がある(つまり良い乳酸菌がちゃんと自分のお腹の中に定着してくれるまで)ということに気づかずに最初の1・2週間で良いかな・・と思っても1ヶ月経ってみると効果がない・・・自分の身体には合わないのかな・・と悩んで諦めてしまう方が多いんです。 活性炭の老廃物や脂肪、余計な糖質の吸着排出効果はすぐに実感できても、もともと蓄えられてしまった脂肪が分解(燃焼)されてダイエット効果が実感できるまでには最低でも2~3ヶ月程度は諦めずに続ける事。 そしてその間は暴飲暴食は控える事が大切ですし、水分をしっかり取って身体の外に老廃物がデトックスされる働きを助けてあげる事も必要です。 ダーククレンズに限った話ではありませんが、自分の身体がちゃんと『痩せやすく太りにくい体質になるまでは諦めずに続ける』というのがダーククレンズにおいても効果を実感するのに大切なポイントになるんですね。

ダーククレンズの原材料は?アレルギーは大丈夫?

成分とちょっと似通った話になりますがダーククレンズの原材料をご説明しておきたいと思います。 基本的に妊娠中の女性の身体やお腹の赤ちゃんに危険なものは含まれていませんが、個人差でアレルギーを心配される方もいらっしゃると思います。 ですので、この段落はアレルギーを心配される方はチェックして頂くということで良いと思います。 ダーククレンズには、一部に乳成分(乳酸菌抽出のため)や卵、ごま、大豆、やまいも、カシューナッツなどの原材料が使われています。ですので、卵や乳製品でのアレルギーの既往症があるという方はこちらの原材料一覧でチェックして頂いた上で購入されるかどうかを検討してください。

ダーククレンズの原材料一覧

◆ダーククレンズって歯や洋服が黒くなったりしない? 地味に結構気になるポイントのひとつが『ダーククレンズの活性炭で歯や衣服が着色してしまうことはないの?』という点だと思います。 飲んだら歯が真っ黒になってとてもじゃないけど人前になんて出られない・・とか洋服にこぼしたら真っ黒になってしまった・・なんてしゃれになんないですもんね。
この点についてはご安心ください!
ダーククレンズを飲む事で歯が黒くなる(ステイン着色)の心配はありません。 これは、わたし自身毎日飲んでいてすでに証明済みなのでここでしっかりと宣言しても良いです♪ ただし、洋服にこぼした場合は生地の種類によっては色が定着してしまう場合もあるかも知れません。 わたし自身飲み続けて衣服にこぼしたことが無いのでなんとも言えませんが、水に溶かしたダーククレンズ見る限りは綿素材やシルク系の生地だとこぼしたら色が着いてシミになってしまうかも知れませんね。 なので、これから出かける朝に飲むのではなく、夜寝る前にパジャマとかに着替えた後で飲むとかの方が良いでしょう。 また、効果の点から見ても人間の身体は『ナチュラルハイジーン』という食事健康法でも有名な『体内酵素の働く時間割』のようなものがあって夜は『代謝の時間帯』とされていて身体が休んでいるタイミング。 なので、そういった時間帯に食べるものをローフードに切り替えたり、体調によっては食事そのものを摂らずに過ごして必要な栄養やデトックスを助ける活性炭を摂ることで効果が実感しやすいと言えます。 そういった点でも『ダーククレンズは夜寝る前に飲むのがおすすめ』という結論になります。  
TOPへ