難消化性デキストリンを配合しているチャコールアイテムを選ぼう!

難消化性デキストリンというものは最近ダイエットに対して話題となっている栄養素のひとつですが、
詳しくよく分からないという方も多いため、また同時にそれを調べようとしても専門用語が多く出てきて分かりにくいという方も多くおられると思います。
ここではチャコールダイエットのアイテムでも使われることの多い難消化性デキストリンについてわかりやすく説明していこうと思います。

 

難消化性デキストリンとは

難消化性デキストリンというものは多くの方が水溶性食物繊維であり糖や脂肪の吸収を抑えるといった大枠を知っているという方は多いけれども、その実態を詳しく知る方はおられないと思います。
また難消化性デキストリンもよく知ることで正しいダイエットアイテムを選ぶこともできます。

 

  1. 水溶性食物繊維
  2. 糖や脂肪の消化吸収を抑制することができる
  3. トクホに関しては難消化性デキストリンが5グラム程度含まれている

 

難消化性デキストリンについては黄檗でこの三つをまずはあげることができます
ゆっくりと説明していきますね

 

水溶性食物繊維

食物繊維とは水溶性のものと不溶性のものの2種類に分けることができます
難消化性デキストリンはこの中でも水溶性の食物繊維に分類することができますが、
水溶性の食物繊維は他にも

  • ペクチン
  • グルコマンナン
  • イヌリン
  • アルギン酸
  • 大麦ベータグルカン

といった様々な種類のものが存在します。

 

その特徴としては水に溶けるとドロドロとなり同時に水分を保持する特性があるため満腹感につながりその効果としてはコレステロールの吸収を穏やかにしたりグルコースの吸収を抑制するといったものが挙げられます。

 

トクホである特定保健用食品というものに関しては様々な商品があるのですが、
含有量が5グラム程度あれば保険用途表示ができ商品のパッケージ等にアピールすることができます。
それらの特徴としてはお腹の調子を整えるといったものや脂肪の吸収を抑えたり糖の吸収を穏やかにするといったものがあげることができます。
ただしそれらを飲むだけで自分の体の中に含まれている脂肪や糖を燃焼させるといった間違ったイメージを持つ方もおられますがあくまでも食事を取った後の効果を表しています。

 

難消化性デキストリンを摂取すると食後の血糖値が抑えられその結果、
脂肪に関する働きのあるホルモンであるインスリンの分泌が抑えられ、内臓脂肪の蓄積を抑制させるといった流れを取ることができ結果として難消化性デキストリンがダイエットに効果的であると言ったイメージを多くの方が持つことになります。

 

難消化性デキストリンの原材料や副作用は?

 

難消化性デキストリンというものはトウモロコシやジャガイモといったものが主な原材料となり、
そのデンプン部分から水溶性の食物繊維を抽出することで成り立っています。

 

そのため中には難消化性デキストリンという表現が難しいのでこの栄養素に副作用があるのではないかといった心配をする方もおられますが原材料を知ってもらうとわかるように食物から作られる栄養素なので副作用等はありません。

 

最近では難消化性デキストリンが含まれているお茶やコーラといった商品がトクホであるためダイエットの効果を期待してたくさん飲むという方も多くおられます。

 

なぜチャコールアイテムに難消化性デキストリンが使われやすいの?

この難消化性デキストリンがなぜチャコールダイエットのドリンクやサプリメントに多く取り入れられるかというのは、
難消化性デキストリンは水分を保持しやすいため
腸の中でドロドロの状態になり老廃物や栄養素などを取り込んで
腸の中をゆっくりと進みその結果便秘が解消するといった状況になりやすいため
チャコールダイエットのアイテムと相性がとてもいいんですね。

 

大腸の中では便を柔らかくしてなるべく早く腸内を便がすすめるように変化させ
その結果整腸作用となって現れることがあるためダイエットだけではなく便秘にもいいと言われる所以はここにあるのです。

 

もちろんチャコールドリンクやチャコールサプリメントに難消化性デキストリンが
使われていないものもあります。
しかし、本気でダイエットとデトックスを考える場合、難消化性デキストリンが配合されている
チャコールアイテムはとても優れたダイエットサポートをしてくれるでしょう。

TOPへ