難消化性デキストリンを配合しているチャコールアイテムを選ぼう!

難消化性デキストリンがよくわからない

難消化性デキストリンというものは最近ダイエットに対して話題となっている栄養素のひとつですが、
詳しくよく分からないという方も多いため、
また同時にそれを調べようとしても専門用語が
多く出てきて分かりにくいという方も多くおられると思います。

 

ここではチャコールダイエットのアイテムでも
使われることの多い難消化性デキストリンについてわかりやすく説明していこうと思います。

 

難消化性デキストリンとは

難消化性デキストリンというものは多くの方が
水溶性食物繊維であり糖や脂肪の吸収を抑える
といった大枠を知っているという方は多いけれども、
その実態を詳しく知る方はおられないと思います。
また難消化性デキストリンもよく知ることで正しいダイエットアイテムを選ぶこともできます。

 

  1. 水溶性食物繊維
  2. 糖や脂肪の消化吸収を抑制することができる
  3. トクホに関しては難消化性デキストリンが5グラム程度含まれている

 

難消化性デキストリンについては黄檗でこの三つをまずはあげることができます
ゆっくりと説明していきますね

 

水溶性食物繊維

食物繊維とは水溶性のものと不溶性のものの2種類に分けることができます
難消化性デキストリンはこの中でも水溶性の食物繊維に分類することができますが、
水溶性の食物繊維は他にも

  • ペクチン
  • グルコマンナン
  • イヌリン
  • アルギン酸
  • 大麦ベータグルカン

といった様々な種類のものが存在します。

 

その特徴としては水に溶けるとドロドロとなり
同時に水分を保持する特性があるため
満腹感につながりその効果としてはコレステロールの
吸収を穏やかにしたりグルコースの吸収を抑制するといったものが挙げられます。

 

トクホである特定保健用食品というものに関しては様々な商品があるのですが、
含有量が5グラム程度あれば保険用途表示ができ商品のパッケージ等にアピールすることができます。

 

それらの特徴としてはお腹の調子を整えるといったものや
脂肪の吸収を抑えたり糖の吸収を穏やかにするといったものがあげることができます。

 

ただしそれらを飲むだけで自分の体の中に含まれている
脂肪や糖を燃焼させるといった間違ったイメージを
持つ方もおられますがあくまでも食事を取った後の効果を表しています。

 

難消化性デキストリンを摂取すると食後の血糖値が抑えられその結果、
脂肪に関する働きのあるホルモンである
インスリンの分泌が抑えられ、内臓脂肪の蓄積を
抑制させるといった流れを取ることができ結果として
難消化性デキストリンがダイエットに効果的であると言ったイメージを多くの方が持つことになります。

 

難消化性デキストリンの効果

最近多くのダイエッターに注目されている難消化性デキストリンの効果はちゃんと知っていますか?
難消化性デキストリンの働きをここでまとめてみていきます。

 

  • 食後の血糖値上昇を穏やかにする
  • 血中中性脂肪の上昇を抑制する
  • 整腸作用
  • 内臓脂肪を減少させる働き
  • ミネラル成分の吸収を促進させる働き

 

食後の血糖値上昇を穏やかにする

食事などで摂取した炭水化物(糖分)はブドウ糖に分解され小腸で吸収され肝臓へと送られます。
なので小腸で吸収される際に
難消化性デキストリンが吸収を穏やかにさせることで、
血糖値の上昇を抑えるという点において注目されるようになりました。

 

参照 日本食物繊維研究会誌Vol.3

 

 

血中中性脂肪の上昇を抑制する

中性脂肪は私たちの生活する上での
エネルギーとなるため必要なものなのですが、
使いきれないものは体内で蓄えられてしまい、
それが肥満などの原因となる脂肪として蓄積されてしまうため問題となります。
お腹周りだけではなく内臓脂肪などになるため、難消化性デキストリンは注目されています。

 

参照 薬理と治療Vol 36 No5 P445-451 2008年

 

 

トクホのお茶などに配合されることが多い
難消化性デキストリンなのですが、
この効果が確認されて以降、
多くの方が難消化性デキストリンを購入してお茶などに混ぜて飲むようなことが人気になっています。

 

またトクホの十六茶ダブルや体健やか茶ダブル、キリンメッツコーラ、
ペプシスペシャルなどのコンビニでも販売されるようなドリンクすら
難消化性デキストリンが配合されトクホに指定されることで
大人気になりました。

 

整腸作用

難消化性デキストリンは水溶性の食物繊維なので、
我々現代人が食物繊維不足に陥っている状態では、
食物繊維の補給は腸内環境を整えるためにも必要なことになります。

 

水溶性の食物繊維は水分を含むことでゲル状になるので
腸内に溜まってしまった老廃物や排出されにくい状態の便をまとめることができる一方で、
水溶性だからこそ流れやすく十分な量を摂取することが難しいため、
意識して水溶性の食物繊維を摂取することが重要になります。

 

内臓脂肪を減少させる働き

腸内環境を整えることで、代謝がアップして内臓に
溜まってしまった脂肪の燃焼効率を上げることにつながり、
その結果として内臓脂肪の減少する働きにつながってくれます。

 

ミネラル成分の吸収を促進させる働き

ミネラルは消化吸収することが難しい栄養素といわれていて、
摂取したミネラルに対して吸収効率を上げることは重要なことといえます。
腸内環境を整えることで、栄養素の消化吸収効率も上がり、
結果としてミネラル成分の消化吸収もあがるため、この働きも見逃せません。

 

ダイエットにおいてもダイエット中にミネラルが
不足することでダイエット効果が
十分発揮されないことも挙げられているため、
ミネラルの吸収効率を上げることは大切なことになります。

 

難消化性デキストリンの原材料や副作用は?

難消化性デキストリンというものはトウモロコシやジャガイモといったものが主な原材料となり、
そのデンプン部分から水溶性の食物繊維を抽出することで成り立っています。

 

そのため中には難消化性デキストリンという
表現が難しいのでこの栄養素に
副作用があるのではないかといった心配をする方も
おられますが、原材料を知ってもらうと
わかるように食物から作られる栄養素なので副作用等はありません。

 

最近では難消化性デキストリンが含まれているお茶や
コーラといった商品がトクホであるため
ダイエットの効果を期待してたくさん飲むという方も多くおられます。

 

難消化性デキストリンが入った飲み物を飲むだけで痩せるの?

本当かどうか効果を疑う女性

確かに現在は難消化性デキストリンが入ったお茶などの飲み物や
難消化性デキストリンのパウダー商品が人気になっているのですが、
それらを飲むだけで本当に痩せることは可能なのでしょうか。

 

特定保健用食品、通称トクホとして用いられているから
痩せられるだろう・・・。そう考えている方が大半かもしれません。

 

しかし、これらの論文などではある特定の食生活のもとで
効果が認められたと記述されていて、
この特定の食生活というのが難しい部分なんです。

 

一般的に私たちの食生活は毎日同じものではなく、
日によって変化していきます。
これは食材が安かったとか、今日は和食が食べたいといった
様々な要因によるのですが、この変化する食生活では
難消化性デキストリンだけを摂取しても痩せないのではないかと
いわれているんです。

 

チャコールドリンクやサプリも難消化性デキストリンの効果だけで
痩せるというコンセプトではないんですよね。

 

あくまで難消化性デキストリンは痩せるためのサポートをする成分なので
これだけで痩せるという認識ではなく、食生活の見直しや
ある程度の筋肉をつけ運動をするといった脂肪の燃焼を促すことも
重要なことなんですね。

 

 

 

なぜチャコールアイテムに難消化性デキストリンが使われやすいの?

この難消化性デキストリンがなぜチャコールダイエットのドリンクやサプリメントに多く取り入れられるかというのは、
難消化性デキストリンは水分を保持しやすいため
腸の中でドロドロの状態になり老廃物や栄養素などを取り込んで
腸の中をゆっくりと進みその結果便秘が解消するといった状況になりやすいため
チャコールダイエットのアイテムと相性がとてもいいんですね。

 

大腸の中では便を柔らかくしてなるべく早く腸内を便がすすめるように変化させ
その結果整腸作用となって現れることがあるためダイエットだけではなく便秘にもいいと言われる所以はここにあるのです。

 

もちろんチャコールドリンクやチャコールサプリメントに難消化性デキストリンが
使われていないものもあります。

 

しかし、本気でダイエットとデトックスを考える場合、難消化性デキストリンが配合されている
チャコールアイテムはとても優れたダイエットサポートをしてくれるでしょう。

 

難消化性デキストリンとデキストリンは何が違うの?

難消化性デキストリンの話をここまでのところで
多く話してきましたが、デキストリンというものも存在して、
同じものなのか、はたまたどこが違うのかという部分においてわかりにくいという人も多いと思います。

 

難消化性デキストリンはダイエットに
パウダー状の商品を購入して摂取する方も増えてきているため知っていると思います。

 

デキストリンというのは、トウモロコシやジャガイモの
でんぷんをもとにして作られたもので、構造としてはブドウ糖とでんぷんの中間にあたる物質です。

 

補足をするとブドウ糖が鎖のように
つながることででんぷんとなって、でんぷんが分解されるとブドウ糖になります。

 

 

つまりデキストリンというのは
ブドウ糖が数個結合しているだけのもので、
でんぷんとまではいかない状態にあるものがデキストリンといいます。

 

デキストリンは人工的に化学合成によって作られ、
添加物としては指定されていないものの、食品という分類で扱われています。

 

難消化性デキストリンと間違えやすいといっても、全く異なるものだというのがわかると思います。

 

まとめ

ダイエット面で人気な難消化性デキストリンを特集しました。
手軽に毎日の生活に取り入れることができると
多くの方が取り入れているのですが、それでも痩せないよという声も
聞こえてきます。

 

痩せやすい人は効果が出やすいのですが、痩せにくい人もいることもまた事実。