効果が大注目の黒汁ブラッククレンズはどういったチャコールドリンクなの?

チャコールドリンクである黒汁ブラッククレンズは、レイザーラモンHGさんの
奥様である住谷杏奈さんがプロデュースした商品で
インスタなどSNSを中心に一気に知名度があがりました。

黒汁ブラッククレンズ

ベストボディジャパン日本大会レディースクラスグランプリを受賞した
神原奈保さんも黒汁を飲んでいるところがインスタで紹介されていたため、
ダイエットだけではなく幅広いユーザーに注目され、
ほかにもたくさんの方が写真付きで紹介されるようになっています。

 

3つの炭と9つの黒成分、250種の植物発酵エキス、乳酸菌が入った【黒汁~KUROJIRU〜】

 

黒汁ブラッククレンズの成分や副作用

やはりチャコールドリンクの中でも有名になっているだけあって、そこには理由があるはず。ということで成分からまずは探っていきます。

 

  1. 3種類の活性炭
  2. 9種類の植物性黒成分
  3. 2種類の乳酸菌で腸内環境を整える

この3つのポイントが黒汁ブラッククレンズの最大のウリ。

 

3種類の活性炭

黒汁ブラッククレンズに配合されている3種類のチャコール成分

チャコールダイエットという言葉が話題になっているくらい今炭は注目されているのですが、その中でも黒汁に使われているのは3種類の活性炭です。

 

昔から活性炭は食用としても用いられていて、それ以外にも医療や様々な分野で大活躍しているのがその吸着効果です。

 

炭を拡大してみると表面に小さな穴がたくさん開いており、その穴がにおい成分や汚れ、不要物を吸着して離さないことで脱臭、浄水など様々なシーンにおいて活躍しています。
黒汁に使われている3種類の炭は活性炭で、通常の炭よりも吸着能力が高いと言われていて、体内で余分な油や物質を取り除き、排出してくれるため体内デトックスとして、黒汁のようなダイエットサポート食品に使われるようになりました。

 

わたしたちの身体は知らないうちに不純物やいらないものをたくさん摂取しているため、それらを除くことで痩せやすい体質へと変えてくれるというものです。

 

9種類の植物性黒成分

黒汁に配合されている9種類の黒色成分

炭と同じように黒い食品というものは、見た目に反してとても栄養価の高いものが昔から多く健康ブームの今注目されています。
その中でも黒汁には、発酵黒ショウガ、黒ジャバラ、黒スグリ、黒大豆きな粉、黒酢、黒にんにく、黒高麗人参、黒はちみつ、黒チアシードという黒い植物性の成分が9種類もしっかりと配合されています。

 

聞いたことのないものとしては、黒ジャバラ、黒スグリあたりでしょうか。
黒ジャバラとは、じゃばらという柑橘系の果実を発酵させ黒くしたものです。じゃばらは邪気を取り払うという意味からも名前が付けられていて、酸味や苦みが特徴でフラボノイドのナリルチンなどの成分が注目されてます。

 

黒スグリとはブラックカラントとかクロフサスグリなどと言われているのですが、私たちに聞きなれた呼び方はカシスといったほうが分かりやすいでしょうか。ビタミンCやアントシアニン、ポリフェノールなどに注目される果実です。

 

このように黒汁の黒色成分は一つ一つをとっても健康面や美容面に注目されている成分を豊富に含んだもので、黒汁がダイエットだけではなく美容面や健康面に対しても注目されている理由は原材料にもあったんですね。

 

2種類の乳酸菌で腸内環境を整える

黒汁の乳酸菌

腸内環境を整えるというとまず乳酸菌などを思い起こす方は多いと思います。
キムチ由来のスタイル乳酸菌と熱に強くて体への吸収性の高いヒト由来ナノサイズ乳酸菌(EF-2001)が一袋に100億個も配合されています。

 

一般的に乳酸菌などの善玉菌は今の身体にある腸内フローラに届くと、すぐには定着せず、時間をかけて腸内をいい状態へと導いてくれるため、本当にいいものを時間をかけて摂取したほうがいいと言われています。

 

そういった意味においても黒汁は継続して飲むことで結果の出やすい商品とも言われています。

 

黒汁の250種類以上の植物、果物発酵エキス

黒汁の250種類以上の植物、果物発酵エキス

画像を見ていただければわかるのですが、黒汁にはこんなにもたくさんの植物、果物発酵エキスが配合されています。
チャコール成分、乳酸菌、黒の成分とここまででも十分の配合なのですが、
さらに植物、果物発酵エキス、その数250種類以上!

 

楽天やアマゾンなどでは格安のチャコールチャコールドリンクがある中で
やはりしっかりと考えられているメーカーは違いますね!

 

女性の場合、ただ痩せればいいってものではないんですよね。
痩せた結果、がりがりとか、お肌が老けたとなっては意味がありません。
黒実はそういったダイエットのトータルの悩みを真剣に考えた結果作り出されたからこそ
この人気なんです。

黒汁の人気

2018年の4月時点で累計販売数400万本以上ってものすごい人気ですが、
こういった一つ一つを見ていくと納得です。

 

黒汁の副作用

やはりダイエット商品となると副作用があるようなものを選ぶと体に対して害があったりもするため注意しなくてはなりません。

 

黒汁にはそういった副作用はあるのでしょうか。
結論から言えば、黒汁には副作用が出るような成分は配合されていないため、体への害は心配する必要がありません。

 

ただし記載されている飲み方ではなく、痩せたいという気持ちから一気に大量の黒汁を飲んだりすることはダメです。
どんなものでも適量がいいというのと同様に、過剰摂取は身体への負担となるケースがあります。副作用という意味ではないのですが、そのような無理な飲み方は注意してくださいね!

 

 

黒汁の飲み方

黒汁の基本の飲み方

黒汁の飲み方はとても簡単です。個別包装になっているのでどのくらいの量を飲めばいいのかという点においてもわかりやすく、持ち運びも楽なので覚えている限りのみ忘れることもないでしょう。

 

飲み方としては100mlの水かお湯に黒汁を1包を溶かすだけなんです。

 

そしてここからダイエットに対して効率的な飲み方を考えていきたいのですが、その前に黒汁をはじめとしたチャコールドリンクの最大の魅力は腸内環境を整えて痩せやすい体質にしてリバウンドしにくいという点を思い出してください。

黒汁でダイエット

その意味において一般的に腸内環境というのはどんなにいいと言われている菌類を摂取してもすでに腸内において生態系ができているので、なかなか定着せず改善されるのには最低でも2週間くらいはかかると言われています。
定着してから悪玉菌よりも善玉菌が増え、体としても便秘の改善や肌質の改善などといったいい効果が表れるため、少ない期間でのダイエットは向いていません。

 

それをふまえて黒汁の効果的な飲み方としては、食事前に飲んでください。食事前に飲むことによって血糖値の急上昇を抑えることになり、暴飲暴食を抑制することにもつながります。
そしてその飲み方に慣れてきたら、置き換えやジュースクレンズという本格的なダイエットに挑戦してみてください。

 

いきなり難しいダイエット方法をしてしまうと挫折や失敗のリスクをあげてしまうので、まずは簡単なやり方から始めて徐々に体重をコントロールしていくと成功の確率を上げることができます。

 

黒汁の味をアレンジするとしたら?

黒汁ブラッククレンズの味

黒汁は黒糖味なので、比較的誰にでも受け入れられる味なんですね。
そしてチャコールドリンクの最大のメリットとしても腸内環境を整える点にあるので、少なくとも継続して飲む必要があります。
口コミなどでも味に飽きたという声はなかったのですが、味をアレンジするとしたらダイエット効果を考えて、効果を阻害しないように工夫する必要があります。

 

 

黒汁の味をアレンジするとしたらどんなものがあるのでしょうか。

  • 無糖ヨーグルトに混ぜる
  • 温かい牛乳や豆乳に混ぜる

黒糖味で、乳製品との相性はとてもよく、同じ味が飽きるという方はこのようなアレンジはどうでしょう。
ヨーグルトに関してはダイエットなので加糖のものよりも無糖のヨーグルトがいいと思います。

 

口コミでおならがくさくなると言われているけど?

黒汁ってダイエット効果なし?飲んだからわかる痩せるコツ

黒汁の口コミを見ていく中で、おならがくさくなるというものがありました。
気になりますよね。

 

黒汁は腸内環境を整えることが最大の売りでもあるので、便秘に長い間苦しんでいた方の場合、
腸内環境を整えることによって宿便がなくなったり、腸内のガスが抜けることもあるでしょう。

 

しかし、それらはいい意味で腸内環境が改善していっている証拠でもあります。
よっぽど悪い状態になっている方はそのようなことがあるかもしれませんが、
一時的なもので、その後は通常のにおいに戻るはずなので安心してください。

 

黒汁ブラッククレンズの最安値

最後にこれだけいいものなら購入してチャコールダイエットに挑戦しようと思っている方、
あと少しお待ちください。

 

というのも、やはり購入するのなら最安値の方がいいですよね。
実は黒汁は人気商品のため公式サイトでもタイミングによっては完売していたりすることがあります。

 

そうなると他の店舗で購入しようと思ってしまいがちですが、価格が異なることがあるんです。

 

 

 

 

 

3つの炭と9つの黒成分、250種の植物発酵エキス、乳酸菌が入った【黒汁~KUROJIRU〜】

TOPへ