備長炭って素晴らしい!その特徴や使い方

備長炭に関して皆さんはどのようなイメージがあるでしょうか。
焼き鳥屋さんや鰻屋さん、高級料亭などで使われているブランドイメージがある炭としての認識があると思います。

 

しかし、実際にどこが他の種類の炭よりも優れているのかなどの詳しいことを知らない方は多いはず。
今回はチャコールダイエット、チャコールクレンズなどでも最注目されている炭の中から
備長炭をピックアップして特集していきたいと思います。

 

 

備長炭の特徴

  • 火持ちが良い
  • 火力が長時間安定する
  • 温度調節がしやすい

 

代表的な備長炭の特徴をあげましたが、この4つのポイントから料理などで好まれて使われているのが備長炭でもあり、
においが食材につかないというのも加熱する際の使いやすさなども
様々な点から見ても他の炭の種類には劣らず、むしろ秀でているためブランド化しているようない取り扱われている傾向があります。

 

 

備長炭の効果

  • 消臭
  • 除湿
  • 化学物質の吸着
  • 電磁波をとる
  • 植物の生長促進
  • 遠赤外線効果やマイナスイオン発生効果

 

消臭

空気中のにおい成分を備長炭の表面にあいている穴に吸着させることで、周囲のにおいをなくすという効果を持っています。
しかし、消臭効果は限度があり無制限ににおいを消すのではなく、できるなら冷蔵庫などの閉じられた空間の消臭という使い方の方が適しているといえるでしょう。

 

除湿

備長炭は乾燥している状態なので、備長炭の穴の中に水分を吸着すると除湿となるということです。ただし、除湿器のような大量の水分を除湿するためには備長炭も大量に必要になります。
蔵の中などに備長炭が置かれている意味としてはこの除湿効果が期待されてのことなんですね。

 

 

化学物質の吸着

チャコールダイエットでも注目されている吸着効果です。
化学物質の他にも毒素なども吸着するため、腸内でも役に立つ部分は食用や医療面でも昔から私たちを支えてくれています。

 

また食用ではなく、生活の中でも洗濯時に使うことで汚れの吸着効果を期待されたり、排気ガスの中和、空気中の浄化能力の期待など多くの分野で使われています。

 

電磁波をとる

一時きテレビなどでも備長炭が画面やスマホなどの電磁波を吸収するという報道がありました。実際には少量では効果がなく、ある程度の量があって初めて電磁波が吸収されるようです。

 

植物の生長促進

土中に備長炭を入れたり、粉末状の備長炭を土に混ぜることで、植物の根っこがよく張るようになり成長を促進させる。備長炭に土の中のバクテリアなどが住み着き、その栄養分が植物に対しても栄養を与えるということです。

 

遠赤外線効果やマイナスイオン発生効果

備長炭の用途は様々ですが、遠赤外線の発生量やマイナスイオンの発生量が多いことからお風呂に備長炭を入れたり、リラックスルームで使ったりといった使い方にも注目が集まっています。

 

備長炭の種類

 

  • ウバメガシ備長炭
  • アオガシ備長炭
  • ナラ白炭

代表的な備長炭の種類にはこの3つがあり、さらにここから産地で分類されています。

 

備長炭の主な産地

ここでは代表的な備長炭の産地を見ていきます。

  • 中国
  • 紀州
  • 土佐
  • 大分
  • ラオス
  • ベトナム
  • 宮崎など

 

紀州備長炭

料理業界の中ではサラブレッドである火力、火持ちなどのヨウ素で最高級品質と言われているのが紀州原産の備長炭。
火力が高いのに安定して、においも少なく、遠赤外線効果も高い。水分も発生しにくいため料理で使うには最適であり高級品とまで言われている備長炭は、需要も高いんです。
世界で見ても最高品質の炭なんですね。

 

上土佐備長炭

火力に関しては紀州産のものに劣ると言われているのですが、ほとんどそん色ないとまで言われているブランド炭。
紀州産の備長炭に比べるとコスト面で割安なので、コストパフォーマンスがよく好まれている傾向があります。

 

 

まとめ

除湿や消臭、化学物質の吸着などはそのままの状態よりも備長炭を粉末状にした方がより効果が発揮される傾向にあります。備長炭をそのまま使うよりも大気に備長炭の穴が多く触れるほうが物質の吸着効果が発揮されるためです。
また備長炭の効果の中で遠赤外線効果やマイナスイオンの発生に関しては他の種類の炭よりも秀でており、備長炭の特有のものでもあります。
料理において備長炭は、うなぎや焼き鳥などに使われ、それだけで高級感も
薫り高さも、素材のうまみを閉じ込めることも同時に実行できるため
備長炭を使われていることだけでお客様からの支持も高くなります。

 

チャコールダイエットにおいてもドリンク、サプリメント両方とも腸内環境の整える作用も
話題になるのも当然の優れた素材であるといえます。