チャコールダイエットの炭は効果が本当にあるの?

チャコールダイエットでも話題になっているチャコールこと炭。
その炭の効果を見ていきたいと思います。

 

結論から言えば炭にはダイエット効果があります。
もちろん、普通に炭を飲むだけでいいというわけではなく、摂取量や飲み方、そして同時に行いたい運動などトータルでみてダイエットをサポートしてくれるというものなんですね。

 

 

また少し前に流行したコンブチャクレンズも、置き換えやジュースクレンズとしてダイエットに役に立つと大ヒットしました。
その会社もコンブチャクレンズの次の商品としてチャコール成分が配合されたドリンクを販売されるようになり、この流れを見るだけでも炭がダイエット面でどれだけ今話題になっているかが分かります。

 

チャコールダイエットに使われる炭の効果を本当に役に立つのか見ていこう

炭のダイエット効果

炭の効果の中で注目されているのがダイエット面でも話題の吸着という特徴です。

 

腸内で太る要因となる成分や物質を炭が吸着して絡めとり、便として排出するためデトックスという方向で期待されているんですね。
毒素や脂質の吸着は、体の中で起こっていることなので目に見えるわけではなく、ドリンクやサプリを飲んでいるだけで体内からきれいになってくるんです。
その結果、普段の運動や行動の消費エネルギーも、代謝がアップしたり無駄な脂肪が減っていくことによって加速して痩せることにつながっていくという、まさに体の健康を考えたダイエットなんです。

 

ここで炭の毒素と脂質の吸着についてもう少し詳しく見ていきたいと思います。

 

チャコールダイエットに使われる炭というのは、素材が違っていてもすべて活性炭です。活性炭は顕微鏡でのぞくと、まるでスポンジのような構造をしていてその穴に様々な物質を吸着させる働きがあるんですね。

 

冷蔵庫の匂いをとるために炭のアイテムを置いたりして嫌なにおいを防ぐのも、におい成分を活性炭の小さな穴に閉じ込めるためなんです。
におい成分だけではなく様々なものを吸着させ働きがあるため、防臭剤や脱臭剤、浄化槽などにも使われていました。

 

その研究がさらにすすみ、体の中で脂質や毒素の吸着にも特性が生きるということが判明してチャコールダイエットが話題になったんですね。

 

炭の特質である毒素の吸着

デトックスという言葉も注目されるようになってからたびたび聞かれるようになっている毒素という言葉。
毒素というのは体内で作られたり、たまっている有害物質を総じて毒素と呼びます。
分かりやすいものの代表的なものとしては、腸内環境の中の悪玉菌が胃から入ってきた食べ物を腐敗させた際に出る物質がわかりやすいでしょう。
そういった毒素が腸内にあると血液の中に吸収され全身にめぐっていきます。
全身に回った毒素は毛穴から出て体臭の原因となったり、肌の悪化を招いたり、消化器官をうまく機能させないようにして脂肪をため込む体へと変えていったりと、悪影響が多くあるんです。

 

こういった様々な働きをしてしまう毒素を炭は吸着して体外に排出する助けになるんです。

 

炭の特質である脂質の吸着

体の中でたまっていき、脂肪へ変わっていく要因となる脂質。体に取り込む際には脂(油)として、様々な食材や調味料に使われていて、それが体脂肪へと変換されるため言葉を聞いだただけでもいやだなと感じる方もおられると思います。

 

外食はもちろん、家庭で食事を食べる際にも脂質に気を使っているという方は、女性だけではなく多くの方がいますよね。
しかし、脂質を避けようと思っていても脂質というのはサラダ油などわかりやすいものだけではなく、お肉、野菜、調味料など様々な食材に含まれているので、すべてを避けるわけにもいかないし、避けるのは難しい面もあります。

 

そこで近年注目されているのが、炭の脂質の吸着効果なんです。
ただし炭は脂質の吸着は得意なのですが、ダイエットでもう一つ気になる糖質を吸着するという特性は持っていません。

 

一般的な野菜ジュースやフルーツジュースは栄養価よりも糖分が多く、果糖であっても血液の中の中性脂肪を増やして心臓病などのリスクをあげることが心配されています。

 

炭の成分が入ったドリンクやサプリを選ぶ際には、脂質面のメリットだけではなく糖質はその商品はどのような考えをしているかという面においても選ぶ基準として見ていくといいと思います。

 

 

チャコールダイエットの問題点

炭が配合されたドリンク

ではチャコールダイエットはここまで説明したようにダイエットにとても有効だから、再考の味方になるのではと考えた方もおられるかもしれません。
逆にチャコールダイエットのデメリットをこの項目では考えていきたいと思います。

 

チャコールダイエットにつかわれている活性炭ならダイエットにいいのかと単純に考えて、活性炭を飲み物などに溶かして飲んだら痩せられるのでは?と考える方、注意が必要です!!

 

 

ただ活性炭を摂取すればいいと考えるのは危険です。
少量の活性炭ではダイエット効果を体感するまでにいかない可能性があることと、
逆に大量に体内に活性炭を摂取したら食事の際の栄養の吸収を阻害することもありうるんだそうです!

 

 

少し詳しく見ていきますね。
炭である活性炭が吸着できる量というのは、その体積より少ないんですね。
自分の体積よりも大きなものやたくさんある成分は吸着しきれないということです。

 

ほんの少し炭を摂取したところで毒素や脂質をダイエット効果があるというところまで吸着させ排出させるのは無理があるんです。
チャコールダイエットをうたう商品の中には炭の配合量が少なすぎるものもあり、そういったものはダイエット効果を感じれるまでにかなりの期間を使うことになるか、効果を感じられないままチャコールダイエットを断念したというダイエットの失敗につながりかねません。

 

では、逆に大量の隅チャコール成分が入っていればいいのかという話になると、それも違うんですね。
大量に摂取したチャコール成分は脂質や毒素を吸着するのですが、栄養素の中には脂溶性のビタミンやミネラルというようなものも存在します。
素チャコール成分を大量に摂取するとそれらの栄養素まで吸着させてしまうリスクも高まるので、やみくもに炭の量が多いというだけでも問題があるんです。

 

ではチャコールダイエットに有効なチャコール成分の配合量というのはどのくらいなのでしょうか。

 

 

チャコールダイエットに有効な炭の量とは

チャコールダイエットの商品というのはドリンクタイプもサプリメントタイプもあり、さらに私たちの毎日の食事で摂取する脂質の量も個人差があります。

 

先程の項目で見て頂いたようにチャコール成分(炭)の量は多くても少なくてもだめだとわかりました。
そういった中でチャコールダイエットでしっかりと効果が体感できるような炭の配合量というのはどのくらいなのでしょうか。

 

それぞれの製品には他にもダイエットサポート成分が入っているため、一概には言えない部分もあるのですが、おおよそ1日当たり5グラム~10グラムの炭が配合されたアイテムを選ぶといいと思います。

 

少ないものでは1日当たりの炭の摂取量が0.3グラムとか1グラム以下という商品も存在するんです。そういった商品もホームページでチャコールダイエットについていいよといったいい面しか言わないようなアピール方法で販売されたりしているのが実情なんです。

TOPへ