チャコールダイエットの副作用はやり方に問題あり?

チャコールダイエットが注目度が一気に急上昇中なのは
美容と健康の意識が高い女性にとってはすでにご存じの通りと思います。
チャコール(活性炭)自体が持っている『有害物質や
老廃物の吸着&排出効果』が注目度を高めている理由なのは
ご存じの通りですが、チャコールダイエットの効果だけではなく
『副作用が気になる』という方も多いのではないでしょうか。

 

そこでこのページでは『チャコールダイエットの副作用や注意点』に
ついてもう少し詳しく具体的なリスクがあるのかどうかについて掘ってみたいと思います。

 

 

チャコールダイエットの副作用

チャコールダイエットに限らずどんなダイエットにも
副作用に対する注意点を知ることは
実際にそのダイエットを始めるにあたって大切なポイントですよね。

 

まず、いきなりですが結論から言うと
チャコールダイエットで下痢や便秘の副作用が起こり得る』ということが言えます。

 

しかし、それは副作用という意味ではなく、腸内環境が整ってくる中で現れる
体の正常な反応ともいえるんです。

 

もちろんアイテム選びで避けられる部分ではありますが、
飲むタイミングや量にも関係することなのでしっかりとおさえておきましょう。

 

基本的にチャコールダイエットは『活性炭が持っている
吸着&排出作用』を活かしたデトックスダイエットなので、
個人差で腸内環境が不安定な方の場合は下痢を誘発してしまう可能性があるということです。

 

また、これは活性炭自体の特性によるものですが、
活性炭単独の特性として『医療用の下痢止めにも使われる原料』
なので『活性炭単独で摂りすぎた場合は
逆に便秘を引き起こす可能性もある』ということを知っておきましょう。

 

よって、便秘を改善したいという方はチャコールダイエットのアイテム選びの時点で
『乳酸菌や食物繊維、オリゴ糖や酵素が含まれているアイテムを選ぶ』ということが大切になります。

 

この点を間違ってパウダータイプやサプリメントタイプで
良くみられる純粋に活性炭だけを摂る『食べる活性炭タイプのアイテム』は
逆に症状を悪化させてしまうリスクがあるということを知っておくことが大切です。

 

ちゃんと理解しないうちに話題性にだけ意識がいって安易に始めてしまうと『知らず知らずのうちに副作用のリスクを冒していた・・』なんて言うことも起こりかねません。ですので、ちゃんと知ってからチャコールダイエットアイテムを選ぶようにしましょうね。

 

チャコール(活性炭)の体内での働き

チャコールダイエットの副作用と同時に知っておきたいのがチャコール(活性炭)の体内での働きです。
これも間違った情報を元に使い方(やり方)を間違えると
効果が半減するどころか却って逆効果に苦しめられるリスクがあるんです。

 

チャコールの働きとして美容効果が高いと言われる理由にもなっているのが
『体内の有害物質を吸着する働き』です。

 

活性炭には表面にミクロレベルの非常に細かい孔(あな)が無数に空いていて、しかもプラスイオンもマイナスイオンも持たない無極性を持っているため食事に含まれる余計な脂肪や糖質などはもちろん有害物質も吸着して行く性質を持っています。
ただ単に孔が空いていてそこに吸着するというよりもS極もN極もどちらも引きつける性質を持った『磁石のような働き』で有害物質や油(脂肪分)や糖質(最終糖化物のAGEsも含む)をどんどん吸い取って行くようなイメージを持ってもらえると分かりやすいかも知れませんね。
また、有害物質を吸着した活性炭は腸管や血管から吸収されない性質も併せ持っているため『有害物質や脂肪、糖質とともに体外に排出される』という仕組みです。
だからこそ、チャコールクレンズダイエットを始めてみようという方は『一緒に乳酸菌や酵母菌、オリゴ糖、食物繊維などが含まれている便秘改善成分が含まれているチャコールダイエットアイテムを選ぶこと』が大切になってくるんですね。

 

チャコールのデメリット

『チャコールのデメリット』は、大きく分けて2つになります。

 

  • チャコールダイエットのアイテム選びが効果を左右する可能性がある
  • やり方によっても効果が左右される

 

という2つの点です。
活性炭自体にはなにも栄養が含まれていないため『チャコールダイエットアイテム選びの時点で一緒に含まれている栄養素や成分を自分に必要なものが摂れるかどうかを知っておかないといけない』という部分。
もうひとつは、チャコールダイエットアイテムを飲むタイミングや量、水を一緒にたっぷり飲んだほうが良いの?など『効果の実感度合が変わってくる』ためです。
この二つについては別ページでちゃんとご紹介していますので、それぞれのページをご覧いただくのが良いと思います。

 

チャコールの飲食での効果

チャコールを飲食で体内に摂りこむ事で得られる効果を見てみましょう。
とはいえ、ここまでの内容をまとめた感じの内容になるので、チャコールダイエットの全体像をざっくりと分かりやすくとらえたい方に読んでいただきたい部分になります。

 

  • 体臭・口臭の改善
  • 歯の黄ばみなどの予防、対策
  • 便秘・下痢の改善
  • 肌荒れ・シミ・黒ずみの改善
  • 血流活性化によるターンオーバーの正常化

これらの効果が期待できる理由は『有害物質の吸着と排出する性質があるから』という点に尽きます。

 

体臭や口臭については活性炭が冷蔵庫のニオイ消しにも使われるほどなので
ご紹介するまでもないかも知れませんが、
実は活性炭の他にも腸内環境を良くするための善玉菌が
しっかり摂れるアイテム選びが大切という部分につながってきます。

 

活性炭で吸着できる物質は脂肪や糖質、人工甘味料や着色料、防腐剤などの食品添加物、果ては体内で生成される最終糖化物も含まれるほどの吸着効果が医療の分野でも活性炭を利用した薬品や治療法まで存在する理由なので、血糖値が高く血液がドロドロしていて体内の巡りが悪くなっていると肌荒れやシミの原因になるだけではなく、保湿や美容液を塗ったりするスキンケアに対して肌が応えてくれなくなったと感じている『肌の衰え』というところにまで及ぶと言われているからです。

 

ただし、当然のことではありますが効果の感じ方には使い方や生理周期やホルモンバランスなども含めた体質的な個人差の部分にも左右されますし、アイテム選びや使い方によっても変わってきます。
また、場合によっては副作用のように感じられる好転反応(体内のデトックスが進むと症状の改善よりも先に一見すると副作用のように感じられる“効果の反動的なもの”が表れて様子見をせざるを得ないと感じる事も考えられるので、焦って効果を求めるあまりに知らず知らずのうちに副作用のリスクが高い使い方をしていたなどということが起こらないようにしたいですね。

 

好転反応について

最後にチャコールダイエットにおいて副作用と勘違いされがちなものとして
好転反応が挙げることができます。

 

チャコールダイエットは、やり方によっては好転反応が表れることがあります。

 

口コミでチャコールダイエットは効果がないは本当?正しいやり方

 

やり方については上のリンクにページを作成したので、知らない方はご覧ください。
腸内環境をきれいにしていくことを主目的とするチャコールダイエットですが、
順調に体重が落ちてくると好転反応が表れることがあります。

 

好転反応というのは、置き換えやジュースクレンズのやり方で起こりえる
体の防衛反応のひとつです。決して副作用ということではないのですが、
知識がないと副作用かなと不安になる方もおられるため、ここで少し説明しますね。

 

私たちの体はどんな地域や気温、湿度などの環境に適応するように
内臓をはじめとして体の様々な機関が順応してくれる素晴らしい構造をしています。

 

わたしたちはこれを慣れと感じる方もおられるのですが、慣れも適応能力の一つなんですね。

 

好転反応というのは、今まで通常の食生活だったのに急に置き換えやジュースクレンズを
行うと、体が急に飢餓感を感じて、防衛しなくてはと頭痛などのサインを発することをいいます。

 

好転反応はどんなサインを出すのかは個人個人で差があるのですが、
頭痛や体のだるさ、眠さなど多種多様です。

 

 

この好転反応は、ダイエットにおいて停滞期に起こりやすいといわれています。
順調に体重が落ちていっている中、急に体重が落ちなくなると不安になって
より食事を制限しようとしたり、急に激しい運動をしようとする方が多く、
急激な変化を起こしやすいためなんです。

 

チャコールダイエットは体の中から変わっていき、痩せやすい状態にすることが目的です。
急激な変化ではなく、継続して腸内環境を徐々にきれいにすることを
意識していくことこそがダイエット成功の近道でもあるんです。

 

何度も言いますが好転反応は副作用ではなく、
体がバランスをとるまでの段階にすぎません。

 

しかし、それの症状がつらく感じる場合は、いったん静養して
体の負担を少し解除してあげてください。少し休めば体は慣れてきます。

 

決してただチャコールドリンクやチャコールサプリを飲むだけで
体重が落ちる、簡単で楽なダイエットということではなく、
体への負担が少なく、様々なメリットのあるダイエット方法なので、
毎日体重計に乗ったり、体重を記録するなどダイエットを楽しんで
同時に美容や健康などを手に入れるようにしていきましょうね。

 

記録したり変化を楽しむことが継続させるコツにもなるんですよ。
体重だけを落とすことを目的とすると間違ったチャコールダイエットになる
可能性が高くなってしまいます。注意しましょう。

TOPへ